自宅で音を楽しむための住宅環境づくりの考え方

簡単に設置可能

防音室はマンションに設置できるような、簡単に設置可能なモデルが販売されています。特に、ピアノ向けの製品として開発されているものもあるため、真剣に挑戦するにも、遊びで楽しむにも、防音室が重要です。

借りることができる

防音室を入手しようと思ったら、工事を施さないといけないかといえばそうとも限りません。例えば、レンタルサービスを活用すれば気軽に利用してみることができて、長く続くかわからない場合にも採用できます。

中古製品の購入

防音室を入手することは思っている以上に簡単で、中古製品の購入を検討することもできるという点に注目しておきたいところです。中古製品を利用すれば、導入にかかる費用をかなり抑えられることは明らかです。

音楽はいつもそばに

明確な使用目的

音楽の趣味や仕事で、現在住んでいる自宅を工事して防音室に改築工事を検討している人がいると思います。まずは検討する前に、どのような目的で防音室を考えているのか明確にしていくようにしましょう。ピアノやドラムなど楽器、趣味のオーディオやホームシアターなど目的はそれぞれ違い、利用する楽器によって防音レベルに違いがあります。また、住んでいるところが戸建住宅やマンションなのかによっても工事内容が変わってくるのです。そのため、使いかたをはっきりさせることが大切なのです。

音の大きさの違い

音楽のなかでもレッスンしている人が多いのがピアノです。ピアノの防音室を検討するときのポイントは、近所や外に音が漏れないようにすること、マンションであれば隣の部屋や上下階数の人へ振動がつたわらないようにすることです。他にも室内で演奏したとき、反射音の伝わり方が綺麗なのか、室内音響を保つことも大切です。一般的にピアノの音は90dBから100dBくらいが平均的な音の大きさと言われています。他にもバンドなどで使用するドラムなどの音は100dBから110dBが平均的な大きさですが、ピアノやバンドのプロの人であれば、平均的な大きさに10dBを足したのが目安になります。

工事費用の平均相場

防音室の工事費用も、部屋の広さ6畳と考えた場合約100万円前後からとなっており、プロ使用の防音室の工事となると約300万円前後から400万円前後かかるとも言われています。家のつくりが木造なのか鉄筋で建築されているかによって価格が違うこともあります。会社によって違いがありますので、相見積もりなどしてもらって検討するようにしましょう。